Model house

Model house

夏の終わりから初秋にかけて、暫くキャッツキルを留守にしました。
その間に僕の住んでいる町(チャイチェスター)から、
キングストン(ニューヨーク州の元キャピタル)を結ぶメイン道路(R28)の側に、
突然、この家が出現していました。

近くには、里山特有のログキャビンのモデルハウスが多く在るのですが、
これは、とある建築事務所のモデルハウスです。

一階の手前がリビングスペース、奥の左側にキッチン、その右側にバスルーム。
二階は、手前半分が吹き抜けで、奥のロフトスペースがベットルーム。
右側の壁沿い、ドアの右側から階段が設けられています。

人の目を気にしなくて良い、広々としたキャッツキルの大自然に似合う、
シンプルでモダンな家だと思います。
生活する上で必要な物が全て在り、ドアの開け閉めのみで余計な心配事が無い。
設計がシンプルなので冷暖房も無駄が無く、メンテナンスもきっと楽でしょう。
 
それにしても、本当に短期間の工事で完成する様で・・・
週末をカントリーで過ごすカップルには、理想的なスペースではないでしょうか?
カントリーライフを好む人達の趣味思考の変動も同時に感じます。

それはそれとして、
目が合うとすれば、「鹿」か「熊」って幸せですよね・・・

Sunday 25.11.2018